• HOME
  • 寺部法律事務所物語

開業前


図1.png


私は、専門的な知識を生かして人の役に立つ仕事をしたいという思いから司法試験の勉強を続け、司法試験に合格することができました。
私は、司法修習を終えて、弁護士登録をした当初、勤務弁護士として働いていました。
当時は、地元では、法律事務所にて法律相談を受ける場合、誰かに紹介をされて行くことが多く、必ずしも、一般市民の方にとって気軽に相談できる場ではないと感じていました。
私は、将来、弁護士の知り合いの方がいない方にとっても相談しやすく、また、一度、ご相談、ご依頼をされた方にとって周りにご紹介しやすい事務所をつくろうと思っていました。そして、ご相談者の方の誠実なご要望に誠実に答える仕事がしたいと思っていました。
私は、私が理想とする事務所を開設しようと考え、平成15年に寺部法律事務所を開設しました。

開業当初


図2.png



開業当初は、従業員はおらず、私一人でのスタートでした。朝、事務所に行き、掃除を終えると、お客様からの電話を待つ日々が続きました。
お客様を待ちながらも、空いた時間で自らの実力を高めるため、本を読んだりして勉強をする日々でした。
また、法律事務所に来ていただいた方に少しでもリラックスしていただきたいと思い、あたたかみが感じられる絵を飾ることにしました。
しばらくすると、少しずつ仕事が増え始め、従業員を一人雇用することになりました。
私は、自らの実力を日々高める努力をしながら、ご依頼者の方の誠実な要望に誠実に答えるという私が信じる仕事を続ければ、必ず、お客様に支持していただける日が来ることを信じて待ち続けました。

現在


図3.png


おかげさまで、現在では、弁護士は2名となり、従業員も増えました。
事務所にご相談にいらっしゃった方の誠実な思いに誠実に答えるという姿勢が、おかげさまでお多くのご相談につながったのではないかと思っています。
開業当初に飾りはじめた絵は、その後同じ作家の方の絵を増やし、今では季節にあわせて絵を飾っています。
弁護士として仕事をしていて、法律は、常に弱者の味方とは限らず、知っている者の味方ではないかと感じます。例えば、交通事故の示談では、保険会社の提示に対し、弁護士を代理人に選任して交渉すれば、増額に至るケースが多くあります。適正な損害賠償額を知らずに、示談書に署名、押印をしてしまえば、後に争うことは、原則としてできません。
法律を知って、法律を味方につけていただくように、多くの方にとって、相談しやすい事務所となるように、日々努力をしています。

未来


図4.png

どんなに事務所の規模が大きくなっても、事務所を開設したときの思いを大切にしていきたいと思っています。そして、司法試験の受験を始めたときの専門的な知識を生かして人の役に立つ仕事がしたいという思いを忘れないために、受験生時代、アパートで司法試験の勉強をしていたときのイスは、今でも大切に使っています。
私自身、弁護士としての実力を高めることができるように、これからも日々勉強を続けていきます。
そして、愛知県東三河地方で、法律事務所といえば寺部法律事務所と言っていただける事務所に成長していきたいと思っています。
これからも、私が理想とする事務所に、従業員とともに一歩でも近づけるように、日々努力していきたいと思っています。

0532-52-0991│法律相談のご予約はこちら 小さなお悩みでもお気軽にご相談ください。

■  HOME   ■ 弁護士紹介  ■ 事務所紹介  ■ アクセス  ■ 弁護士費用

愛知県弁護士会所属 弁護士 寺部光敏 愛知県豊橋市駅前大通3丁目101-2 リバーサイドビル3階

TEL:0532-52-0991(平日9:00~18:00、土曜・祝日時間外対応可、要予約)
初めての方でも安心してご相談いただける地元豊橋の法律事務所です。

Copyright (C) 寺部法律事務所 All Rights Reserved.