当事務所の解決事例

ここでは、当事務所にご相談いただき、解決してきた事例の一部をご紹介させていただきます。

 

債権回収の事例

売掛金請求訴訟を提起し、原告の請求を認容(認める)する判決を得ました。その後、執行手続きをして回収しました。
 

売掛金請求訴訟を提起し、訴訟上の和解が成立し、回収しました。


個人間の貸金について、訴訟を提起し、原告の請求を認容する判決を得ました。

>>その他の事例はこちら
saimuseiri saitobana-.PNG  
 

交通事故分野の解決事例

交通事故について、加害者に対し、損害賠償請求訴訟を提起し、和解に至りました。

>>その他の事例はこちら

ImgLS8-thumb-240x240-24.jpg
 

労働分野の解決事例(使用者側)

労働審判事件について、使用者側の代理人として受任し、和解が成立しました。


残業代請求を受け、使用者側の代理人として、訴訟提起にいたる前に和解が成立しました。

 

離婚問題の解決事例

不貞行為をした相手方に対し、慰謝料請求訴訟を提起しました。訴訟上の和解が成立し、相手方から慰謝料を受け取りました。


不貞行為を理由に慰謝料請求訴訟を提起されましたが、訴訟上の和解が成立しました。


離婚に応じない相手方に対し、離婚調停を申し立てましたが、不調になりました。その後、離婚請求訴訟を提起し、判決により離婚請求が認められました。


婚約をしたにもかかわらず、正当な理由なく破棄した相手方に対し、慰謝料請求訴訟を提起しました。その後、訴訟上の和解が成立し、慰謝料を受け取りました。


婚約破棄を理由に慰謝料請求訴訟を提起されましたが、訴訟上の和解が成立しました。


協議離婚に応じない相手方に対し、離婚調停を申し立てるとともに、婚姻費用分担調停(別居中の生活費の請求)を申し立てました。婚姻費用分担調停は、調停が成立しましたが、離婚調停は、不調になりました。婚姻費用を受け取りながら、離婚請求訴訟を提起し、和解離婚が成立しました。


別居中の配偶者が生活費を渡さないため、婚姻費用分担調停の申し立てをし、調停が成立しました。


離婚後、養育費を支払わない元配偶者に対し、養育費の支払いを請求する調停を申し立て、調停が成立しました。


子供が出生したにもかかわらず、認知をしない相手方に対し、認知の調停の申し立てをし、任意認知をしてもらいました。その後、養育費請求の調停を申し立て、調停が成立しました。

 >>その他の事例はこちら

ImgLS9-thumb-240x240-25.jpg

相続分野の解決事例

遺産分割調停の申し立てをし、遺産分割調停が成立しました。


遺産分割の協議をした結果、遺産分割の協議がまとまりました。


遺留分減殺請求をした後、調停を申し立て、調停が成立しました。


遺留分減殺請求をし、調停を申し立てましたが、不調に終わりました。その後、遺留分減殺請求訴訟を提起し、判決により、裁判所が認定した遺留分を取り戻しました。


相続放棄の申述を申し立て受理されました。


被相続人の死亡から3ヶ月以上経過した後の相続放棄の申述について、特別の事情があったため、受理されました。


被相続人に財産と負債とが双方あり、負債の方が財産より多かったため、法定相続人が全員相続放棄をしました。
その後、相続財産管理人を選任し、法律関係を整理しました。


公正証書遺言の作成に関し、公証役場にて証人として立ち会いました。


>>その他の事例はこちら

ImgLS9-thumb-240x240-21.jpg

0532-52-0991│法律相談のご予約はこちら 小さなお悩みでもお気軽にご相談ください。

■  HOME   ■ 弁護士紹介  ■ 事務所紹介  ■ アクセス  ■ 弁護士費用

愛知県弁護士会所属 弁護士 寺部光敏 愛知県豊橋市駅前大通3丁目101-2 リバーサイドビル3階

TEL:0532-52-0991(平日9:00~18:00、土曜・祝日時間外対応可、要予約)
初めての方でも安心してご相談いただける地元豊橋の法律事務所です。

Copyright (C) 寺部法律事務所 All Rights Reserved.