離婚の流れと問題点

離婚の流れは、大きく言うと、①話し合い(協議)、②調停、③裁判、となります。

1  まずは話し合いから

離婚する時は、まず夫婦で十分に話し合うことが大切です。しかし、それがスムーズにいかないから、多くの人がお悩みになるのです。そのお気持ちは良く分かります。
話し合いにおいては、以下のようなことで、多くの方が悩まれています。

・相手が話し合いに応じてもらえない。
・相手がどのような反応をするのか心配。
・自分は話し下手で、言いくるめられてしまいそうだ。


このような悩みをお持ちの方は弁護士にご相談ください。

2 話し合いが無理なら離婚調停へ

夫婦で話し合ってもまとまらない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てます。調停では、調停委員が双方から事情や要求を聞き、離婚自体のほか、財産分与や慰謝料など金銭的なこと、親権や養育費など子に関することなどについて、妥協点を見つけてまとめていきます。
離婚調停においては、以下のようなことで、多くの方が悩まれています。

・調停で自分の主張をしたい、認めてもらいたいが、自分1人でできるか心配。
・調停に1人で行ったが、調停委員に自分の話をよく聞いてもらえない。
・相手方に、弁護士がついているので心配だ。
 
このような悩みをお持ちの方は弁護士にご相談ください。


3 離婚調停がまとまらなければ裁判へ

調停でも離婚できない時は、裁判で、離婚自体のほか、財産分与や慰謝料など金銭的なこと、親権や養育費など子に関することなどを判断してもらいます。
裁判では、下記の5項目のいずれかに該当する離婚原因がないと離婚できません。

①    配偶者に不貞な行為があったとき
②    配偶者から悪意で遺棄されたとき
③    配偶者の生死が三年以上明らかでないとき
④    配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがないとき
⑤    その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき

離婚を認めてもらうには、上記の離婚原因に該当する事実を主張し、それを裏付ける必要があります。裁判になる場合は、ほとんどの方が、弁護士を付けられますので、事前に弁護士にご相談された方が良いと思います。


離婚問題に関してさらに詳しく知りたい方はこちら↓↓

離婚問題にお悩みの方へ
離婚の流れ
離婚とお金
離婚と子供
離婚事件の料金


0532-52-0991│法律相談のご予約はこちら 小さなお悩みでもお気軽にご相談ください。

■  HOME   ■ 弁護士紹介  ■ 事務所紹介  ■ アクセス  ■ 弁護士費用

愛知県弁護士会所属 弁護士 寺部光敏 愛知県豊橋市駅前大通3丁目101-2 リバーサイドビル3階

TEL:0532-52-0991(平日9:00~18:00、土曜・祝日時間外対応可、要予約)
初めての方でも安心してご相談いただける地元豊橋の法律事務所です。

Copyright (C) 寺部法律事務所 All Rights Reserved.